胸を大きくするための日常生活の姿勢

バストアップのための日常生活の姿勢

 

美しい姿勢は、全身の筋肉をバランス良く使えている証拠。

 

つまり、姿勢がいい=適切な筋肉があるということ。

 

日常的に美姿勢を意識すれば、バストアップ効果をより高められ、効果持続にもつながります。

 

NGの姿勢 猫背

 

猫背になってしまう人は、僧帽筋が機能せずに後ろへ引っ張る力が弱くなっている場合がほとんど。

 

背中が丸くなると年齢を感じさせるだけでなく、垂れ乳やたるみ顔をつくり、下腹もぽっこり……。

 

いいことゼロ!

 

かっこ悪いだけではありません、おっぱいにも悪影響を与えます。

 

身体はすべてが連動しています。猫背はデメリットだらけです。

 

心がけたい姿勢

 

美しい姿勢をキープするようにしましょう。

 

美しい姿勢をキープしようとすると、インナーマッスルが自然と鍛えられ、バストアップの効果も抜群です。

 

 

首を長くする

 

肩が上がっているとからだが強ばっで姿勢も悪くなります。

 

肩を耳から遠くにもっていくように下げ、鎖骨を左右に開くようにしましょう。

 

あごを軽く引く

 

あごが前に出ていると、自然と背中も丸くなります。

 

あごを少し引くだけで、全身が正しい姿勢をとりやすくなるので意識をするようにしましょう。

 

胸を開く

 

肩が前に出ると猫背姿勢に直結します。

 

肩甲骨を軽く寄せて胸を斜め上に出すイメージで肩も開くようにしましょう。

 

おしりを締める

 

おしりを締めると骨盤が締まり、上半身の姿勢もキレイになります。

 

下腹部に力を入れて、おしりをひっこめるようにするのがいい姿勢です。

 

腕を自然に垂らす

 

腕は親指の先がパンツのサイドラインに触れるかどうかのところに自然に垂らすようにしましょう。

 

胸が開いていると自然と親指の先はパンツのサイドラインのあたりに垂れるようにできています。