女性ホルモンがバストアップのカギ

女性ホルモンがバストアップのカギ

 

美肌とアンチエイジングに、なくてはならないのが女性ホルモンです。

 

女性ホルモンとは、卵巣から分泌され、月経、妊娠、出産という大仕事を成し遂げるために重要な役割を果たしてくれるホルモンであると同時に、胸を女性らしく大きく美しくする、髪や肌に潤いを与えて美しくする、女性らしいキレイな体をつくる、太りにくい身体にするといった働きもあります。

 

女性が男性より長生きするのも、女性ホルモンの働きが関係していると考えられていて、ある意味、私たち女性の元気を司る、最大の功労者といっていいほどです。

 

ただ、常にそのよい面だけを享受できるかというと、そうとも限りません。

 

女性ホルモンは精神的なストレスや睡眠不足、無理なダイエットなど、さまざまな要因でうまく分泌さわないことも多く、ホルモンバランスが崩れると、肌や心身の不調につながったりと、女性を悩ませる厄介な存在にもなりうるからです。

 

深刻な場合は、子宮や卵巣、乳腺といったホルモン依存性臓器の疾患につながることもあるため、美容と健康を維持するためにも、うまくつきあっていく必要があります。

 

更年期障害と女性ホルモン

 

加齢によって女性ホルモンの分泌量は減少します。

 

40歳を過ぎた頃から下降し始め、50歳前後で急降下。

 

するとこれまで体を守り続けてくれた機能も衰えるため、さまざまな症状に苛まれます。これがいわゆる更年期障害です。

 

大量の汗が吹き出すホットフラッシュはその代表的な症状。

 

そのほか、動悸、耳鳴り、めまい、わけもなく落ち込む、イライラする、といった症状が出やすくなります。

 

人によっては高脂血症や骨粗しょう症といった深刻な病気を誘発してしまうことさえあります。

 

しかし残念ながら、加齢による女性ホルモン分泌の減少を止めることはできません。

 

でも、その速度を緩やかにする方法はいくらでもあります。

 

必要な栄養をきちんと摂つていれば、女性ホルモンの分泌をサポートするだけでなく、つらい更年期をラクにやり過ごすことも可能なのです。

 

最近はストレス社会のせいか、30代後半から更年期のような症状に悩まされる人も多く、若いからといって他人事ではありません。

 

女性ホルモンは、コントロールできる!

 

女性ホルモンな1種類だけではなく、2種類あるんです。

 

胸などに働きかけたりして女性らしさをつくり、更年期に非常に関係の深いホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、子宮内膜を良い状態に整えて、妊娠を助けてくれるホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)。

 

この2つのホルモンが月経のサイクルに従って増減を繰り返していて、私たちの身体を正常に保っていてくれています。

 

そして、この2つの女性ホルモンの分泌を司っているのは「脳」です。

 

脳の視床下部と下垂体が卵巣に指令を出すことによって女性ホルモンが分泌されるのです。

 

ちょっと分かりにくいので、そのしくみを会社構成にたとえて説明しましょう。

 

会社でいうなら視床下部は社長、下垂体は部長。

 

そして卵巣が、仕事を実行する社員に当たります。

 

社長と部長2人のダブルチェックを受けることで、社員ははじめてホルモンを分泌することができます。

 

そしてホルモンが十分に分泌されると、社員から社長のところに「もう十分」という報告が上がり(フィードバック機構)、今度は「も
う出さなくてよろしい」という命令がくだされて、社員はホルモンをつくるのをやめます。

 

このように、脳と卵巣がうまく連携しながら女性ホルモンを分泌しているのです。

 

ところが、社員が疲れ果てて卵巣機能が低下したり、司令塔の社長が忙しくなってしまうと命令系統がうまくいかず、ホルモンバランスが乱れることになります。

 

実は、社長である視床下部は、自律神経を司るという重要な仕事も兼任しています。

 

更年期になるとホットフラッシュやのぼせ、動悸など、自律神経系統の症状が出るのは、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因となって、自律神経が影響を受けるために起こるのです。

 

また、視床下部はとてもデリケートなため、精神的・身体的なストレスによりホルモンがうまく分泌できない、ということも起こりがちです。

 

ホルモン補充療法について

 

女性ホルモンの分泌が少なくなることで生じる不快な症状を改善するため、ホルモン補充療法(HRT)を取り入れることが、ひとつの選択肢となっています。

 

その際にはある意味、ちょっとした覚悟が必要だと私は思っています。

 

ホルモン補充療法では、飲み薬や貼り薬などで直接ホルモンの不十分を補います。

 

すると、先に述べた視床下部、下垂体、卵巣という、女性ホルモンを分泌するための命令系統は、働く必要がなくなってしまうわけです。

 

ホルモンをつくれという命令がいかなくなりますので、次第に女性ホルモンをつくる機能自体が低下することになりかねないのです。

 

もちろん、人によってその影響はさまざまですが、自前でホルモンがつくれないまま更年期を迎えた場合、つらい症状に悩まされる可能性も少なくありません。

 

女性ホルモンとは、末永くつきあっていくものですから、できるだけ安全に、体にとって負担の少ない方法をとることが一番だと思います。