ブラジャーのつけ方の基本をご紹介します。

ブラジャーのつけ方-基本編

ブラジャーのつけ方 基本編

 

ブラジャーのつけ方の基本をご紹介します。

 

ブラを買う時に試着すると思いますが、そのときでも、この方法を忘れないように試着してみてください。。

 

ポイントとなる大切なことは、わきや背中などに流れてしまっているお肉をちゃんとカップの中に収めてあげることです。

 

これはバストをキレイに見せたりバストアップにもつながりますので、背中やおなかのお肉を、ググっとブラの中にもってくるようにしましょう。

 

そうすれば、ブラジャーを使ってバスト以外に流れてしまっていたお肉を定着させられます。

 

 

手順1

 

 

まずは、前かがみの姿勢になって、カップにバストを合わせるように収めます。

 

 

手順2

 

 

前かがみの姿勢のまま、背中のホックをキチンと留めます。

 

 

手順3

 

 

ホックを留めたら、次は脇と背中に流れてしまっているお肉をブラのカップの中に収める作業です。

 

この時に大切なことは、背中やおなかの方からも、お肉をグーっと持ってくるように移動させることです。

 

 

手順4

 

 

お肉をカップの中に入れ終わったら、ブラジャーの背中の位置を整えます。下げ足りして整えましょう。

 

この時に大切なことは、アンダーベルトは肩甲骨の下に位置するようにするということです。

 

 

手順5

 

 

最後に肩ひもの長さを調節する作業をしましょう。

 

目安として、人差し指1本に隙間があるといいと思います。

 

きれいに見せたくて、「バストの位置を上げたい!」とひもの長さを短くしすぎてしまうと、肩こりなどの原因になりますのでご注意を。