女性と胸の密接な関係をご存知ですか?

胸と女性の密接なつながり

 

胸の奥からバストトップにいたるまで、大小の血管が放射線状にあります。

 

 

胸をを支える働きをしている大胸筋の下には胸郭があります、その胸郭の内部には肺があって、取り込んだ酸素を血液で体中に運ぶために無数の毛細血管が張り巡らされています。胸の周りにはは大小の様々な血管が無数に集中していて、さらに、血管と同じくリンパ管も無数に集中しているんです。

 

さらに、鎖骨の周辺や脇の下や首筋にはたくさんのリンパ管が集まってできている太いリンパ節があって、太い血管と合流しているんです。

 

血液とリンパ液の働きによって、スムーズに胸に栄養素が行きわたり、排泄物が運び出されると、ふわふわのやわらかいおっぱいになっていきます。反対に、血液とリンパ液の流れが滞ると、ガチガチの胸になり、頭痛や肩こりや冷え、シワ、乾燥、など女性を悩ますいろんなトラブルの原因となってしまいます。

 

ホルモンは血液によって体中に運ばれていきます。血液の循環が悪かったりすると、その部分や末端には栄養素が行かなくなります、すると栄養が行かなくなるばかりか、老廃物が溜まっていってしまいます、するとその部分は冷えて硬くなります。結果全身の状態が悪い方向へと進んでしまうことになります。

 

胸はリンパの密集地帯

胸にはリンパが無数に集まっているので、胸がいい位置にキープできていれば、バストトップから胸筋まで放射線状になります。するとリンパ液が鎖骨下、脇の下のリンパ管が多く集まるリンパ節にまで自然に返って行くことになので、胸のいい状態を保つことができるのです。

 

血の流れを良くするのも胸の働き

新鮮な血液は心臓を起点に全身をめくります。胸部の循環が悪ければ、末端の手足や、内臓も冷えることに。血行が良くなれば顔色もよくなります。胸をいい状態に保つことで顔もきれいになりイキイキとして見えるようになります。

 

胸と子宮と卵巣をホルモンでつながっている

ホルモンは、血液にのって体中に運ばれるんです。血液の流れが良く、胸があったかくてふわふわな状態であるならば、それに連動して子宮も卵巣も好調になるんです。胸と子宮を卵巣はホルモンによって密接につながっています。それぞれの健康状態も連動しています。とても神秘的な関係ですね。

毎日胸の状態をチェックしよう

 

生理前になるとおっぱいが張って痛い、つらいという方、乳首への刺激に敏感になるという方も多いと思います。

 

 

でも、それだけでなく、おっぱいの状態は日々変化しています。女性の身体は、月の満ち欠けのリズムと同じ28日周期で排卵が起き、子宮内膜がはがれ落ちます。

 

実は、子宮だけでなくおっぱいも同じリズムで黄体期には張り、卵胞期には小さくなるというように日々変化しているのです。

 

また、一日の過ごし方によってもおっぱいの状態は変わってきます。ストレスを感じた日とリラックスして過ごした日、寄せて上げるブラをつけた日と休日にノーブラで過ごした日では、おっぱいのやわらかさ、温度もまったく違います。

 

おっぱいが硬いな、冷たいなと感じたら、心身のリラックスが必要なサインです。

 

 

整理の周期と胸の大きさの変化

 

 

おっぱいは、生理後の卵胞期(低温期)にしぼみ、排卵後から次の生理までの黄体期(高温期)に張ります。

 

それ以外にも、リンパ液や血液が渋滞すると張ったり、緊張やホルモンバランスの乱れで硬くなることもあります。

 

 

かたい胸と柔らかい胸

 

「おっぱいが硬い」「冷えている」とは、具体的にどんなおっぱいのことをいうのでしょうか?

 

 

冷えている、硬いといっても、それでもおっぱいはやわらかいもの。

 

「ガチガチ」とは、円錐形のおっぱいの底辺部分、が硬いことを指します。

 

主に脇と下の部分が胸の筋肉にペタッと張りついて萎縮し、動きが悪くなっている状態。これが「ガチガチおっぱい」です。

 

「ガチガチ」だと、おっぱいは360度スムーズに動かないのです。

 

胸が硬いと必然的に動きが悪くなります。すると「なかなか自分ピッタリのいいブラジャーがない」と悩むことになってしまいます。

 

ガチガチの胸の状態を改善し、ふわふわな柔らかい胸になることは今からでも全く遅くはないんでっす。年齢など関係ありません。自然にしっかりと揺らすことでおっぱいを胸の筋肉から解放することができます。すると徐々にぷるっとした弾力のある柔らかい胸になることができるのです。

 

 

二足歩行がガチガチおっぱいの原因?

 

四つんばいになると、おっぱいが揺れ、円錐形になることで体液も放射状に循環します。

 

人間は、立ったことでおっぱいが下へ外へとひずんでしまいました。

 

さらに、歩くときに腕の筋肉を使わなくなって血行が悪くなり、おっぱいが萎縮して大胸筋に張りついてしまったのです。

 

 

ガチガチのおっぱいを解消する

 

血行を良くする

 

血液循環がいいと、おっぱいの脂肪に栄養と酸素を届け、老廃物も排出できます。

 

すると、おつぱいがふんわり温かになります。

 

おっぱい外しをする

 

手を使って物理的に筋肉から「外す」ことも可能です。

 

「おっぱい外しマッサージ」で動きをよくすることができます。