きれいなおっぱいのためのコラム

女の子はダイエットと食事に気を付けて!

 

気をつけたい女の子のダイエットと食事

 

脂肪は生殖器を守るためのもの。

 

けれど、近年は小学生からダイエットをする子も増えています。

 

一方で、女性ホルモンに似た物質を含む動物性脂肪や、糖分を多く摂取する子も。

 

すると血中のホルモン濃度が過剰になり、ホルモン分泌がうまくいかす、生理不順などが起こりやすくなるので注意が必要です。

 

 

なってほしくないのに乳輪が黒くなるのはどうして?

乳輪が黒くなるのはブラジャーに触れる刺激から乳頭を守るためです。

 

妊娠すると、授乳に耐えられるように組織を強くするため、さらにメラニン色素が濃くなります。

 

ピンク色にこだわらすに、愛するわが子にたっぷりと吸われた乳首を誇らしく思ってください。

 

 

おっぱいの大きい人は乳がんになりやすい?

 

おっぱいが大きいからと言って、乳がんになりやすいなんてことはありません。

 

ただ、その大きさゆえにしこりを発見しにくいのは事実です。

 

また、身体に有害な毒素は脂肪に蓄積する性質があります。

 

その意味で、おっぱいが大きい人は、定期検診をすすんで受けたりして身体の異変を早めにつかみましよう。

 

 

リンパ液は白い血液

 

胸の健康と成長に深く関わっている「白い血液」とも呼ばれるリンパ液は血液が濾過されたもので、外からの微生物、細菌、その他の異物の侵入に対処します。

 

身体が病原体の影響を受けないようにするために、身体の中に侵入した病原体に対しての抗体を作ったり、免疫が高まることもリンパ液が働くことによって起こります。

 

さらに、リンパ液は血液に溶け込んだ酸素と栄養を細胞まで運んだり、細胞でいらなくなった老廃物を血液中に運んで、さらに体内の水分調節まで行います。

 

リンパ液は、血液と一緒になって胸や身体の健康状態を保つ重要な存在なんです。

 

 

エストロゲンとプロゲステロン

 

月経によって女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が増えます、すると排卵が促されるので、エストロゲンは一般的に卵胞ホルモンとも呼ばれています。

 

一方プロゲステロンは、黄体ホルモンと呼ばれています。排卵後に分泌量が高まり、乳腺を発達させるため胸が大きくなったりハリが出てきます。また子宮内の赤ちゃんを守る働きをする子宮内膜を厚くする働きもあります。

 

どちらのホルモンも女性には欠かせないホルモンなんです。

 

 

おつぱいがガチガチだと風邪をひきやすくなる?

 

風邪をひいたときに首筋などのリンパが張って痛くなりますよね。これはリンパ球がウイルスと闘っている証拠なんです。

 

これを免疫力といいます。おっぱいがガチガチだとリンパ液の流れが滞てしまうんです。

 

ガチガチのおっぱいのままだとウイルスを退治する力が弱まってしまいます。

 

 

ガチガチおっぱいの弊害

 

おっぱいがベタツと胸筋に張りつくと、血液循環が悪くなり、十分に酸素と栄養素が運ばれなくなった筋肉が硬くなって萎縮します。

 

それだけでなく、循環が悪いと老廃物も蓄積していくことに。

 

すると、細胞の新陳代謝が衰えるために、おっぱいの形や大きさなど見た目が悪くなるだけでなく、組織も弱くなってしまうのです。

 

そのまま放置していると、授乳でトラブルを抱えたり、ホルモンに関する病気や乳がんにかかる可能性も高くなってしまいます。

 

 

昔の生活の方が女性の身体によかった

 

かつて、洗濯機、冷蔵庫、エアコン、炊飯器がなかった頃、家事は重労働でした。けれど、そのおかげで女性たちの身体が適度に鍛えられていたのも事実です。

 

火を起こす「ふいご呼吸」によっておっぱいを支える大胸筋が鍛えられ、適度な肺活量が保たれていました。その筋力と深い呼吸によって、身体の隅々にまで新鮮な酸素が届けられ、よく循環していたのです。

 

今や掃除をしてくれるロボットまで現れるようになりましたが、掃除機もない頃は、掃除は四つんばいで行うのが当たり前でした。

 

雑巾がけでは、腕をよく動かすため、おっぱいもほどよく揺れました。雑巾絞りにも腕をひねる、ねじるという動きがあり、脇の下や鎖骨下のリンパ液の循環を促進していました。

 

また、着物を着ていたら、水仕事をする際に袂をたくし上げたとしても、上腕を出すことはありません。和服では腕が冷えることもなければ、ブラジャー、ストッキングのように身体を締めつけるアイテムもなし。下駄や草履で常に足に適度な刺激があるため、血行不全や冷え、むくみとも無縁だったのです。

 

身体をよく動かし、穀物と野菜、海草を主体として少量の魚を食べ、何人も子どもを産み、10年も巧年も授乳し続けていたかつでの日本女性の生活は、おっぱいや子宮、卵巣をもつ女性の身体にとって理想的だったのです。

 

男の本能、女の本能

 

3歳頃には、男女の本能の違いが随所に表れます。女の子は、かわいいことを何よりも重要視するようになり、ときにシナをつくって人と接することもあります。

 

一方、男の子は、身体を動かす遊びの中でも、前に突進するような動きが大好きです。

 

「受容する」女性と「闘う」男性の本能の表れといえるでしょう。

 

 

健康的に短期間でバストアップするには

 

胸を大きくするにはこの方法がイチバン効果があります

誰でも無理なく簡単にバストアップ

 

「Hurry UP!!」公式ページ