まな板な胸を綺麗にバストアップ

早過ぎる初潮は女の子を苦しめる

 

近年、小学校低学年で初潮を迎える女の子も増えています。

 

これは、食生活の変化が大きな要因。

 

初潮の年齢が早いとそれだけホルモン性の病気にもかかりやすくなります。

 

そもそも生理は、将来の妊娠出産に備えて、妊娠に耐えうる心と身体をつくつていく準備をするもの。

 

精神的に未成熟な時期にホルモンの変化による気分や体調の変動を受けるのはつらいことで、心と身体のバランスを保てなくなることも懸念されます。

 

月経前症候群 PMS

 

PMSとは、排卵後から生理が始まるまでの基礎体温が高い時期に、おっぱいの張りや痛み、肩こり、むくみ、便秘や下痢、頭痛、吹き出物、眠気などの身体の変化や、イライラ、憂鬱感、過食、集中力低下などの症状が起きること。

 

排卵後のホルモンバランスの変化によるもので、生理が始まると治まってしまうケースがほとんどです。

 

このような症状があるときこそ、おっぱいをいっそうケアしてあげることが大切になります。

 

妊娠期のスケジュール

 

妊娠中は、リラックスした規則正しい生活を送ることが大切です。

 

慌しくならないように、スケジュールにはゆとりをもって。

 

夕方から活動をスローダウンして、早めに軽い夕食をとり、20時頃にはマッサージ、21時頃にはお風呂、22時にはお布団に入るという生活リズムがおすすめ。

 

これは、成長ホルモンが出る時間帯に深く眠っていることが胎児の発育のために欠かせないから。

 

どんなに遅くとも日付が変わる前には眠るようにしましよう。

 

上手な母乳育児のコツ

 

初めの1週間ぐらいは、讎も夜も頻繁に授乳しましよう。

 

そうすることでお母さんと赤ちゃんの授乳リズムが整ってきます。

 

この頃のお母さんにはプロラクチンというホルモンが分泌されているおかけで、赤ちゃんのリズムに合わせて眠っていれば短時間でも睡眠不足になることはあ0ません。

 

また、1回の授乳で左右両方のおっぱいを吸わせるようにしましょう。

 

母乳の出もよくなり、授乳リズムも安定してきます。

 

授乳中の食事

 

入院中、退院後も消化のよい食事がおっぱいの出をよくします。

 

おかゆなど水分が多く温かい食事がおすすめ。

 

乳管を詰まらせることがないよう高脂肪の食事は控えて。

 

お祝いの差し入れにケーキなどをいただくこともあるかもしれませんが、赤ちゃんと自分のために、パパにプレゼントを。

 

また、授乳中は特に質のよい水分の補給が大切です。

 

授乳の前後に白湯を飲むと、母乳の出がよくなります。

 

閉経後の生活は「ほどほど」が合い言葉

 

年齢を重ねると、当然のことながら消化力や代謝力が落ち、体温も下がってきます。

 

それなのに、これまでと同じ食事をとっていたら太ってしまうのも仕方がないというもの。

 

女性ホルモンに支配されていた時代が終わ0第二の人生を迎えたら、食事量も、日々の活動量も減らしましよう。

 

また、五感も衰えてくるので、目や耳などを酷使し過ぎることがないようにしましょう。

 

そのように意識を変える必要性を教えてくれるのが、閉経前の更年期なのです。