胸を大きくするブラジャー選び

おっぱいのためのブラジャー選び

ブラジャーは体の一部

 

ここでは、あなたが「あなた自身の運命のブラジャー」に出合うための実際のノウハウをご紹介していきたいと思います。

 

その前に、ひとつだけお願いがあります。

 

あなたは、昔の私のように、アクセサリーや洋服など、見えるところのおしゃれだけに気を遣っていませんか?

 

見えないところだからといって、手をぬいてはならないのです。

 

魅力的な女性になるほど、人には見えないところまでおしゃれに気を使っています。

 

そして、ブラジャーは体の一部です。

 

バストに対してと同様、ブラジャーにも愛情をもって接して、大切にしてあげてください。

 

そうすれば、ブラジャーも一生懸命あなたの胸が大きくなるように力を貸してくれるはずです。

 

 

必ず試着をして購入しましょう

 

人の体型はひとりひとり違いがあります。

 

バストのサイズは当たり前なのですが、骨格や脂肪のつき方も個人差がありますし、肩をとっても「なで肩」、「いかり肩」など色んな大きさ、形、角度がありあます。

 

また、乳房のつき方にしてもそうです。ひとりひとりに違いがあります。

 

胸のサイズが同じB70といった場合でも、A子さんにピッタリ合うブラとB美さんにピッタリ合うブラジャーは全く別のブラになります。

 

さらに、メーカーやブランドによって規格に違いがあるので、実物のサイズは様々です。

 

そのため、ブラジャー購入の際は、絶対に試着をしなければなりません。

 

ちゃんと試着をして、ピッタリと体にフィットするブラジャーを購入しなければなりません。

 

一般的に、下着の専門の店や百貨店の下着売り場の試着室には、通常イスが置かれている場合がほとんどです。

 

この椅子の役割は、座っている状態でのブラのつけた感じを確かめるために置いてあります。

 

試着する時は、立った状態、座った状態、歩いている時の状態など、いろいろ動いてみることをオススメします。

 

色んな動きをしたときに、試着してみたブラジャーはあなたの体にフィットして不具合等を感じるようなことはありませんか?

 

立ってつけた時には全く問題がないとしても、動いてみるとアンダーがずれてしまう、ワイヤーが胸に当たって痛みがある、などといったことが起こる場合があります。

 

それはあなたにピッタリ合ったサイズのブラジャーではないということです。

 

 

バストサイズは正しく測定を!

 

正しいサイズのブラを購入するためにも、自分のバストのサイズは正しい方法で測定することをオススメします。

 

ブラを買う時に店員さんに測定してもらったこたがありますよね?

 

店員さんに測ってもらったときはBカップだったはずなのに、実際に試着して胸にピッタリと合ったブラはCカップでした…なんていうことはよくあると思います。

 

立ってバストサイズを測定すると、バストが重力で下に引っ張られている状態になっているために、実際よりも小さい数値になってしまします。

 

立って測定すると、実際よりも小さな数字になってしまいます。

 

バストは90度おじぎをした姿勢で測るのが正解。

 

バストサイズを測る際には、90度おじきをした角度で測ると正確な数値が測定できるはずです。

 

しかし、正しい方法でバストのサイズを測ったとしても、自分の胸のサイズに合うはずのブラが体にピッタリとフィットするとは限りませんよね。

 

ブラにもそれぞれ特徴や形があるので、体型やバストの形によって、つけ心地やフィットするかどうかに違いが出てしまいます。

 

胸のサイズはあくまでブラのサイズの目安として考えてブラ選びをしてください、

 

自分の胸のサイズに近いサイズのブラジャーを次々に試着して、自分の胸にピッタリで気持ちよくつけることができるブラを選ぶようにしましょう。

 

そして、女性の胸の大きさは毎日変化しています。

 

いちばん知られた例として、生理前になると大きくなりますよね?

 

それだけではなく、実際には季節によっても大きさは変化します。。

 

寒い季節には縮んでサイズダウンしてしまいますし、暑い季節には大きく膨らんでいるのです。

 

もしも、ひさしぶりにブラジャーを買うということがあるのであれば、その時は必ず胸のサイズを測ってもらうことが必要です。